口臭がきつくなる人の生活習慣とは

口臭の原因や特徴を知り、食べ物や自分の体と上手に付き合おう!

もしかして自分も口臭がキツイ!?

自分の口臭は大丈夫かな?と気になった時、大抵の人は、手を口元に当てて息を吐き、その臭いを嗅いでいますが、それでは正確に判断できません。 唾液が乾いてから嗅ぐことにより、他人がどう感じているかがわかります。 ティッシュを4つに折り、舌を上下になぞり2分放置してから嗅ぐと、それがあなたの口臭です。

年齢と生活習慣は口臭と関係ある?ない?

年齢や生活習慣が、口臭と関係があるのか気になりますよね。 結果は、年齢にはほとんど関係がなく、生活習慣には大いに関係があることがわかりました。 もちろん、年齢を重ねればそれだけの年月、ケアが必要になるため、口内トラブルになりやすいですが、良くない生活習慣の場合、小さなお子さんでも口臭の原因はあります。

口臭を防ぐために日常生活で心がけること

口臭や口内トラブルは、ズバリ治療よりも予防の方が重要です。 日々行っている歯磨きでは、口内の表面積のたった25%程度しか掃除されていないと言われており、歯磨きだけでは不十分なのが分かります。 そこで、薬用のマウスウォッシュを活用しましょう。 予防効果も高くなり、手軽に習慣付けできるアイテムです。

セルフチェックでわかる!自分の口臭は大丈夫!?

普段、特に気にしていなかった口臭も、自分の周りに口臭が強い人がいたり、ふとした時に、あれ?私の口臭って…と気になることがあります。
口臭を気にして歯科へ来る人の多くは、他人にはわからないレベルの臭いで、特に気にすることはないようです。
しかし、最近は、口臭に過敏になる人も多く、自分の口臭が相手に嫌悪感を与えるのではないかと、思ってしまうこともあるそうです。
また、口臭を気にしない人はいないと思いますが、強く感じやすい時というのもあります。
普段、特に日中は、食事したりと唾液の分泌が盛んなため、口臭の原因となるタンパク質や菌などを洗い流しており、口臭はあまり感じられないことが多いようですが、就寝中は、菌などを洗い流してくれる唾液の分泌量が減るため、菌が増え、起床時が特に臭いを感じやすくなります。
その他にも、仕事上や友人、恋人と会う際などに、緊張したり、ストレスを感じたりすることも、口内乾燥に繋がり、唾液の分泌量が減少するため、臭いを発生させる要因となります。
このような口臭の原因は一時的なものなので、ガムを噛んだり、アメを舐めたりして唾液の分泌量を増やすことも効果的です。
ほとんどの人の口臭は、自分が気にするほどではないようですが、オーラルケアをしっかりしていれば、大抵の口臭は解消できるため、やはりオーラルケアは、虫歯予防のためにも口臭マナーのためにも重要なのがわかります。
特に、就寝前の歯磨きは念入りに行いましょう。
菌の増殖を抑えることは、虫歯や歯周病予防だけでなく、口臭予防にも繋がります。

セルフチェックでわかる!自分の口臭は大丈夫!?

もしかして自分も口臭がキツイ!?

自分の口臭は大丈夫かな?と気になった時、大抵の人は、手を口元に当てて息を吐き、その臭いを嗅いでいますが、それでは正確に判断できません。 唾液が乾いてから嗅ぐことにより、他人がどう感じているかがわかります。 ティッシュを4つに折り、舌を上下になぞり2分放置してから嗅ぐと、それがあなたの口臭です。

年齢と生活習慣は口臭と関係ある?ない?

年齢や生活習慣が、口臭と関係があるのか気になりますよね。 結果は、年齢にはほとんど関係がなく、生活習慣には大いに関係があることがわかりました。 もちろん、年齢を重ねればそれだけの年月、ケアが必要になるため、口内トラブルになりやすいですが、良くない生活習慣の場合、小さなお子さんでも口臭の原因はあります。

口臭を防ぐために日常生活で心がけること

口臭や口内トラブルは、ズバリ治療よりも予防の方が重要です。 日々行っている歯磨きでは、口内の表面積のたった25%程度しか掃除されていないと言われており、歯磨きだけでは不十分なのが分かります。 そこで、薬用のマウスウォッシュを活用しましょう。 予防効果も高くなり、手軽に習慣付けできるアイテムです。