口臭の原因や特徴を知り、食べ物や自分の体と上手に付き合おう!

>

もしかして自分も口臭がキツイ!?

口臭には病的口臭と生理的口臭の2つがある

人間は誰にでも自然な口の臭いというものがありますが、その自然な口臭の他に、病的口臭と生理的口臭の2つに分類することができます。
まず、生理的口臭には、食べ物、アルコール、タバコなどによって生じるものを言います。
食べ物では、ニンニクやニラ、ネギなどが有名ですが、これらは吸収された成分が血液中に入り、体内を回って肺へ行き、また息となって出てくるため、臭いが強く残ってしまいます。
もう1つの病的口臭には、虫歯や歯周病をはじめ、鼻炎、胃炎、糖尿病などによるものです。
処方している薬による副作用などもありますが、最も口臭の原因となる9割は、虫歯や歯周病といった口内トラブルですので、口臭を防ぐためには、口内トラブルの改善が必然です。

口臭の最大の原因である「歯周病」とケア法

口臭が強い人の多くは、歯周病が原因です。
歯周病とは、歯と歯茎の境目(=歯周ポケット)にプラーク(=歯垢)が溜まることで、細菌が繁殖し、歯肉に炎症を起こします。
細菌の増殖によりガスが発生すると、その状態だけでも、口臭の原因となります。
さらに放置したり、膿が溜まるほどになると、相当な悪臭となります。
このプラークは、食べ物のカスが溜まったものと思っている人も多いのですが、実は「細菌の巣」で、虫歯の原因でもあります。
虫歯も、神経組織まで進行したものになると、腐敗臭のような酷い臭いになることもあるようですので、口臭がなかなか改善されない人は、一度歯科に相談してみましょう。
また、プラークを溜めないことが口臭や歯周病の予防となるため、ケアとしては、歯磨きだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを併用し、歯間にカスを残さないことが重要です。


この記事をシェアする