口臭の原因や特徴を知り、食べ物や自分の体と上手に付き合おう!

>

口臭を防ぐために日常生活で心がけること

フッ素を手軽に取り入れられる方法

歯磨きなどのオーラルケアが、虫歯や歯周病、それに口臭にも効果があることはわかります。
しかし、仕事や家事・育児の多忙から、ゆっくりオーラルケアの時間すら取れない環境の人もいることでしょう。
歯磨き粉などに使用されているフッ素が虫歯予防などに効果があるのはご存知かと思いますが、歯磨き粉からフッ素を取り入れるとなると結局オーラルケアになってしまいます。
歯磨き粉以外にフッ素が入っているものを知らない人も意外と多いのですが、日本人がよく飲む緑茶、特に番茶にはフッ素がたくさん含まれています。
また、乳酸飲料やヨーグルトなどに含まれる乳酸菌にも、虫歯や歯周病菌を抑える効果があることがわかってきました。
オーラルケアは外せない重要項目ですが、それに加えて自分でも手軽に取り入れられる方法を考え、うまく利用してみましょう。

オーラルケア以外に有効的なこと

毎日の習慣として、歯磨き、マウスウォッシュ、デンタルフロスを行っていますか?
やっていない…足りていないと感じた人は、自分に取り入れやすいものから始め、継続的に習慣として行えるよう工夫してみましょう。
忙しくてなかなか時間が取れない、やりたい時に外出していることが多い、などオーラルケアに関しては、自宅や職場など、どうしても洗面台などがあるところの方がやりやすい環境ですが、外出先でもできるオーラルケア以外の予防方法として有効なことがあります。
それは、水分を摂ることです。
水分と言っても、炭酸飲料やジュースなど糖類の入ったものではなく、水、緑茶、ルイボスティーなどがオススメで、お水などを頻繁に飲むことで、ドライマウスも予防でき、口臭の原因となる食べカスを洗い流す効果があります。
口臭の予防として、参考にしてみて下さい。


この記事をシェアする